京都の永代供養事情

京都で墓じまいをして永代供養をしたい方は、宗教不問で交通アクアスの良い場所を希望する方が多くいます。

永代供養に関するよくある疑問

永代供養となんですか

永代供養とはお墓の管理ができなくなったケースに、お寺が代わりに管理や供養すること。

利用する上での条件とは

宗旨や宗派に関わらず永代供養のしくみ利用できますが、お寺の儀式に従ってください。

永代供養墓とはなんですか

永代供養をするためのお墓の総称で、永代供養塔、合祀墓などいくつかの呼び方があります。

合祀墓とはなんですか

お寺や霊園が管理するお墓のことで、他の方の遺骨とともに一緒に納骨する形式となります。

永代供養墓に収めた遺骨

合祀によっていったん遺骨を収めた後は、取り出すことができなくなりますので注意してください。

一霊位あたりの価格

墓

京都府で永代供養墓を持つ場合、目安となる平均価格は一霊位あたり37.9万円です。ただ、合祀を選ぶか個別納骨を選ぶかで大きく開きがあるのが一般的です。合祀というのは、他の方の遺骨と一緒に納骨する永代供養墓を指します。そうではなく一定期間が経過するまでは個別に納骨する永代供養墓を選んだ場合、価格平均は高くなります。一例ですが、最初から合祀する永代供養墓の場合、平均価格は一霊位23.1万円が目安です。これに対し一定期間は個別で納骨する永代供養墓の場合、平均価格は一霊位44.8万円となります。どちらを希望するかは基本的に自由ですが、最初から他の方とご一緒なのはためらわれるという声もあるでしょう。その場合は一定期間のみ個人または家族単位で納骨し、十分供養した後に合祀にするという選択も可能です。ただ、一度合祀したのちはご遺骨は取り出せなくなるのが一般的です。

どのような選び方をすればよいか

墓

京都の永大供養墓を選ぶ際のポイントは、前述したとおり、まずは合祀か個人納骨かを選ぶことが先決です。ほかには宗派などが気になる点ですが、永代供養墓はほとんどの場合、一般墓とは異なり宗旨や宗派は不問となります。京都を希望される多くの方は、日本が誇る寺院で供養したいというお気持ちをお持ちの方が多いですが、永代供養墓であれば宗旨や宗派は気にしなくてもよいでしょう。ただし寺院によっては問われる場合もありますのであらかじめ相談が必要です。

長方形バナー2

正方形バナー1

長方形バナー1

長方形バナー3

正方形バナー2 正方形バナー3

広告募集中